自分に合った高校を選びたい!そんな時の「転校」

高校生活を送っていると、場合によっては「この高校は自分には合わないな」と思う人も少なくありません。そんな時に考えるのが「転校」です。

私立に行くか、公立に行くか悩む人も多い「転校」ですが、今回は「転校・転入」のなかでも公立・私立のそれぞれについての方法とポイントを紹介します。

高校の転入と小学校・中学校の転入とはどう違うの?

小学校や中学校でも、転校や転入をする人はいますが、高校における転校・転入のうち、特に公立高校については、これまでのものとは違い、各高校によってあらかじめ設定された募集人数に欠員が出た歳に実施する「欠員募集」に応募し、各高校が定める規定や試験をクリアしなければ転校・転入できない仕組みになっています。

また、小学校や中学校は義務教育として定められた一定の内容を全ての学生が学習しますが、通信制や一部の高校については、各高校で定められているカリキュラムや学科などの関係上、これまで学習してきた内容とのズレが起きたりするケースもあります。小学校や中学校で転校・転入する場合に比べて難しいと考えてよいでしょう。

転校・転入をする時にまとめておきたいポイント!

高校の転校・転入については、違う学科などへの転校・転入も含まれますが、転校先の高校は、転校・転入理由だけでなく、その生徒がこれまで行ってきた学習や居住地などのさまざまな面から考慮され、その生徒が所属している高校の教頭先生との話し合いのもとで決定されます。

このとき、転校・転入が成立するポイントとしては「保護者の転勤などによって県外から移住する場合」「特別な事情による場合」などが挙げられます。

「特別な事情」というのは、いじめや病気などによるものや私立に通っていたが学費が払えなくなったなどの事情がこれにあたります。

高校転入とは一言でいうと高校を変えることです。親の転勤や学力など何かしらの事情があり、通う高校を変える時に行います。編入と違う点は転入は高校を辞めずに行いますが、編入は既に退学した生徒が行うものです。