高校中退後の進路は主に6つ

何らかの理由で高校を中退してしまった場合、その後の進路をどうすればいいのか分からないと悩んでいる人も少なくありません。

そんな人に提示されている進路としては主に6つあり、その中には「通信制高校への編入」や「定時制高校」または「全日制高校」への編入など新たに高校に編入する進路が残されています。また就職を検討している人で多いのが「高卒認定試験を受ける」道で、それ以外に就職する場合は高卒認定を受けずに「フリーター」または「中卒での就職」となります。

さらに「海外留学する」道もあるなど、実は思った以上に幅広い進路が展開されているのです。

選ばれる事が多いのは通信制または高卒認定

中でも高校中退した人が選ぶケースが多いのが、通信制の高校への編入または高卒認定試験を受ける道です。

これらはいずれも高校卒業の資格を取得できる道として選ばれていますし、定時制や全日制の高校に行くよりも高校中退者の受け皿が広くなっているところが特徴です。またどちらもかかる費用はそこまで大きくないので、家族への負担もかけにくいところが選ばれる理由として大きな要素となっています。

出来る限り中卒のままで終わらないようにするのが大切

高校中退をした人たちに重要なのは、「高校卒業の資格だけは取得しておく」ことです。中卒のままでも就職したりフリーターとして働くのは可能ですが、採用の窓口が狭いため年齢と共に仕事を見つけることが困難になってしまう可能性があります。

そのため出来る限り中卒の資格のままで終わらないように、自分が高校卒業の資格を取得しやすい進路を家族や支援してくれる人たちと相談しながら見つけていくのが大切だと考えられています。

入学しても勉強についていけない、友人関係がうまくいかない、いじめがある、または授業料が払えないなどの理由で高校中退する生徒が増えています。