割引があるのかどうかをチェック

運転が上手いからと任意の自動車保険に加入しない人もいます。ところが交通事故は、自分だけが気をつけていれば良いというわけではありません。その点で言えば、加賀者になった時はもちろんですが、被害にあった際にも自動車保険に加入していれば力になってもらえるので心強いです。

ただ、毎月の支払いを考えると少しでも安いに越したことはないため、いくつかチェックした上でどの自動車保険にするのかを決断しましょう。

まず、意外と見落としてしまうのが割引です。中でも比較的多くの人が恩恵を受けられる可能性が高いのが、早期割引です。これは現在自動車保険に加入しているなら、満期を迎える前に他の会社と契約することで、保険料が割安なるというものです。他にもエコカーに乗っている人や、ゴールド免許の人を対象とした割引サービスもあります。

必要なものとそうでないものを見極める

選択の余地がない自動車保険なら仕方がないのですが、たいていは何に保険をかけるのかを選べるようになっています。そのため、担当者の言いなりになってしまうと、余計にお金を支払う羽目になりかなないです。

例えば車両保険に関してですが、これは基本的には事故で破損した車を修理する時に支払われるものです。ただし、修理費に数百万円必要な高級車に乗っているなら話は別ですが、乗り潰すつもりの車なら無理して加入する必要はないのです。逆に加入しておきたいのは人身保険で、万が一人をはねてしまった、もしくは怪我をさせられた場合、これがないと大変です。

インターネットを使えば、自動車保険の比較が簡単にできます。一社ずつ問い合わせをしなくても、複数の保険会社に一括で見積もりを取ることができます。