自営業者の人にぴったりな年金制度

個人型確定拠出年金のことを、iDeCOとも呼んでいます。この制度は、厚生年金に加入ができない自営業者の人には最高のものとなります。自営業者の人は、退職金ももらうことができませんよね。しかし、この個人型確定拠出年金に加入をしていれば、60歳になったときに大きなお金を手にすることができる場合があるのです。運用結果次第では確かにマイナスになってしまう可能性もなくはないのですが、長期投資に強い安定した銘柄を選んでおけば、大抵の場合で得をすることができます。何しろ、税金の優遇も受けることができるので、多少のマイナスが出たとしてもまだ得です。

毎月積み立てていくのが基本

個人型確定拠出年金も年金制度の一種なのですから、毎月地道に積み立てていくこととなります。いくら積み立てるのかも自分で自由に設定ができます。一定の範囲内なら、全額所得税の控除に使えるということで、非常に大きな節税効果もある制度になっています。自営業の人なら大体年に80万ほどが限度額となりますが、単純に年間80万円の所得税控除枠が貰えるというだけでも、かなりの得です。

どの銘柄で運用するかは自分で決めていける

国民年金は掛け金を払っても、その使い道を自分で決めることができません。GPIFという組織が、国民に成り代わって運用を行っていきます。ですが、確定拠出年金は自分自身で運用先を選んでいけます。金融機関によって選択可能な銘柄の種類は違いますが、世界株や世界債券のような安定して成長が見込める銘柄が揃っているので不足はないはずです。

老後の生活に備えて、公的年金にプラスαの年金を生み出すための仕組みがiDeCOです。証券会社や銀行に毎月お金を預けて運用してもらい、それで生み出された利益をプラスαの年金として老後に受け取れます。