声優は自分の声を商売道具に活動する

最近メディアでも注目を集めるようになった職業のひとつとして知られているのが、声優です。

声優の仕事の最大の特徴は「声で演技をする」ところで、俳優や女優のように表情や動きで表現するのではなく全てを声で表現するようになっています。そのため非常に高い演技力や想像力を必要としており、商売道具である声が重要とされているところはもちろん、俳優や女優並の演技力も求められているのです。

声優の活躍場所は広がってきている

一般的に声優が活躍する場所としては、アニメやゲーム、映画などがあります。特にアニメやゲームに関しては、そこから派生してCD関連の活動や関連するイベントへの出演なども見られているようです。

ほかにも洋画の吹き替えやナレーションとして活躍している声優も多いですし、メディアに露出が増えている人気の高い人の場合は役者としてドラマや舞台などに出演するケースも増えてきています。

今後どんどん活躍の幅が広がっていく可能性も

声優はこれまでは本人は姿を見せずにあくまでも声だけの存在として認識されていたのですが、最近になって本人がイベントなどに出演したり役者として活躍するなど声だけではない活躍の幅が広がってきています。そのため今後も声優の存在が認知されたり受容が高まってくれば活躍の幅がさらに広がってくる可能性がありますし、より多彩な才能を持つ声優が求められる傾向が強くなる可能性が指摘されているようです。

そのため声優を目指す人にとってもチャンスが広がってくると考えられており、多様性のある職種として注目を集めています。

声優の養成所とは、プロの声優を育てるための学校のことです。芸能プロダクションが運営していることが多く、カリキュラムや料金はそれぞれ異なります。